葉酸を手軽に摂取するならサプリメントがおすすめ

あまり聞いたことがないという人も少なくないかもしれませんが、人間に必要な栄養素「葉酸」。ビタミンの一種で、実は増血ビタミンとも呼ばれるほど重要なもののひとつで、不足すると貧血や口内炎などの症状があらわれます。

妊婦の葉酸不足は特に重要視されていて、特に妊娠初期に不足すると胎児に影響を及ぼすことがあるといわれています。この栄養素を多く含む食品はレバー、ほうれん草をはじめとする緑黄色野菜、豆類などがあげられます。

一日の摂取量の目安は成人男女で200マイクログラム、妊婦はその倍の摂取が必要です。しかしこの栄養素は加熱すると半減してしまうため、毎日目安量を摂取することはかなり難しいのです。

そこで、葉酸のサプリメントをプラスすることをおすすめします。サプリメントは食品よりも体への吸収率が高く、厚生労働省も利用を推奨しているのです。

参考サイト:http://葉酸サプリ完全ガイド.com/

毎日のバランスのよい食事とサプリメントを合わせて、不足を補っていきましょう。

合成の葉酸サプリの特徴

今や葉酸は妊娠中や妊活中の方には、なくてはならない栄養素として広く知られています。葉酸には2種類がありますが、市場に出回っているものの多くが合成タイプの製品です。天然タイプと比べると吸収される量が格段に高いのが主な特徴です。

天然タイプでは全体の半分程度しか体内に吸収されませんが、同じ量の合成タイプなら一気に90パーセント近くを体内に吸収することができます。

これはより吸収しやすくなるように、手が加えられているためです。言葉の響きから天然の方が体に良さそうと思う方もいるかもしれません。

ところが、必要量を天然タイプですべて補おうとすると、あり得ない量のパセリを始めとする野菜を毎日食べ続けなければならず、現実的な方法ではありません。

この吸収率の低さを考えれば、価格も安くて吸収率が高いものを選ぶ方が自然ではないでしょうか。これらの特性を踏まえたうえで、厚生労働省でも葉酸は合成のサプリで摂取することが推奨されているのです。

天然の葉酸サプリの特徴

妊婦さんにとってかかせない栄養素の葉酸ですが、食事だけでは十分に摂取できていないというのが現状です。そこで厚生労働省からもサプリでの摂取がすすめられています。サプリには天然のものと、合成のものがありますが、合成が石油由来のものであるのに対し、天然のものは自然由来でできているという特徴があります。吸収率が高く、コストが割安だというメリットもあり、合成のものを選ぶ妊婦さんもたくさんおられるようですが、過剰摂取は副作用にもつながりますので、既定の摂取量をきちんと確認して服用することが大切です。天然のものは無添加のものが多く、お母さんの身体にも負担が少ないので、安心して服用できるというメリットがあります。但し、自然由来の材料を使っているために独特に匂いがあり、つわりの時期に服用するのは難しいというデメリットもあります。ストレスなくきちんと服用するためにも、飲みやすい工夫がしてあるものを選ぶことも大切です。